会社情報

デューカスコピー・バンクによるアルパリジャパンの株式100%を取得した際のプレスリリースより(2015年8月5日付)

2015年1月、デューカスコピー・グループは日本におけるFXのライセンスを取得している子会社の買収を行いたい意向を公式に発表していましたが、本日、デューカスコピー・バンクは日本の第一種金融商品取引業のライセンスを持つ、アルパリジャパン株式会社(本社:東京都港区 以下アルパリジャパン)の株式取得に対して合意したことを、誠に光栄に思います。

今後アルパリジャパンはデューカスコピー・ジャパン株式会社(以下デューカスコピー・ジャパン)に社名変更を予定しており、デューカスコピー独自の優れたテクノロジーをご提供いたします。日本のお客様も他のデューカスコピー・グループと同じ価格、流動性で当社が誇るJForexのプラットフォームに直接アクセスすることが可能となります。なお営業再開は2015年10月を予定しております。

デューカスコピー・バンクの共同最高経営責任者及び最高技術責任者アンドレイ・デューカは次のように述べています。

「私たちは世界で最も大きな日本のFX市場に参入する機会を、長い間待ち望んでいました。日本でのビジネス、マーケットを熟知するアルパリジャパンチームの業務開始に向けた熱心な取り組みと、彼らの持つ専門性に感銘を覚えています。こうした日本のチームが加わったことは今回の契約での明らかに重要な資産であり、日本でのデューカスコピーの事業に明るい見通しを示してくれるでしょう。」

アルパリジャパン株式会社の最高経営責任者 田代信次:

「私たちは困難を乗り越え、日本の市場に戻ってまいりました。日本とスイスが外交関係を樹立してから150周年を迎えた最初の年に、デューカスコピー・バンクの一員として、最も洗練され、世界的な取引プラットフォームのJForexで新たなスタートの機会を得られたことをとても光栄に思います。JForexは日本のトレーダーの方々にとって刺激的なニュースになると信じています。」と述べています。

なお、デューカスコピー・ジャパンの人材及びマネージメントはアルパリジャパンからそのまま引き継がれます。アルパリUKの取締役であり、アルパリジャパンの取締役となっていた役職については、デューカスコピー・バンクのヴァイスプレジデント/法人サービス部長のヴァグラム・サヤドフが新たな取締役として就任する予定です。

アルパリジャパンを一員に迎えたことで、デューカスコピー・グループは今後5年間で2倍の取引量を得ることができると見通しています。ここ3年間の顧客取引高の平均成長率は14.3%で、2015年6月の取引高は652億米ドルに及びます。これから先、デューカスコピー・グループはスイス、EUそして日本の三地域において営業を行ってまいります。またオフィスはジュネーブ、チューリッヒ、リガ、モスクワ、キエフ、上海、香港、クアラルンプールに新しく東京が加わり、IT担当者を含めると合計350名の社員となります。デューカスコピー・グループは今後も事業拡大を続け、近い将来、新たな子会社の発表をする予定です。

原文については、こちらからご確認頂けます。

なお今後については進展があり次第随時ご報告させて頂きます。

ご質問やご不明な点がございましたら、お電話または電子メールにてお気軽にお問い合わせください。 
 

デューカスコピー・ジャパン株式会社について

  

商号 デューカスコピー・ジャパン株式会社
(英語表記:Dukascopy Japan K.K.)
所在地 〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-17 神谷町プライムプレイス9階
連絡先 TEL: 03-3437-0005(代表)
FAX: 03-3437-0085
Email: [email protected]
設立 2009年5月1日
資本金 3億85百万円(2017年8月9日現在)
取締役 代表取締役社長     瀧澤 篤史
代表取締役副社長    デニス・ペレショック
代表取締役副社長    ヴァグラム・サヤドフ
業務内容 店頭外国為替証拠金取引業務
有価証券等管理業務
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行
株主構成 Dukascopy Bank SA 100%
カバー取引先 Dukascopy Bank SA
信託保全先 株式会社SMBC信託銀行
登録番号 関東財務局長(金商)第2408号
加入協会 一般社団法人 金融先物取引業協会(会員番号1587)

 

 

 

Dukascopy TVでのインタビュー(放送日:2015年9月22日)
Loading the player...

連絡先情報

デューカスコピー・ジャパン株式会社
東京都港区虎ノ門4-1-17
神谷町プライムプレイス9階
Tel: 03-3437-0005
Fax: 03-3437-0085
[email protected] facebook youtube

検索

サイトマップ
問題を報告
PC版に切り替え
金融庁
金融先物業協会
証券取引等監視委員会
証券・金融商品あっせん相談センター
FX取引の規制について
e-Tax
マイナンバー

≪FX取引に関する重要事項≫
●店頭外国為替証拠金取引(FX取引)は、お預けになった証拠金以上のお取引額で取引を行うことが可能である為、利益を得られる可能性がある反面、預託証拠金以上の損失を被る可能性があり、元本が保証された取引ではございません。●FX取引は為替相場の変動や金利差等により損失が生じる可能性がございます。●FX取引では、損失の拡大を未然に防止する為、ストップ機能(お客様による任意設定機能)やロスカット機能が準備されておりますが、損失の限定を保証するものではなく、取引対象となる通貨の価格の急変動等によっては、預託証拠金以上の損失を被る可能性があります。●必要証拠金額は(1)個人のお客様:取引金額の4%(2)法人のお客様:金融先物取引業協会が算出した通貨ペア毎の為替リスク想定比率を取引金額に乗じて得た額以上が必要であり、対象通貨ペア及び時間帯により金額が異なります。●取引手数料は、取引金額100万円当たり片道最大35円となり、取引の都度、取引口座から徴収されます。●提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、スプレッドは相場の急変、流動性の低下等により拡大する可能性があります。●注文発注時に指定したレートと実際の約定レートに相違(スリッページ)が生じる場合があります。●ポジション保有状況によりロールオーバーされる通貨ペアは、清算価格にスワップポイント相当額の付与もしくは支払調整し、翌営業日の建値に加味されます。通貨ペア対象国の金利動向により付与調整が支払調整、もしくは売買共に支払調整となる場合があります。●取引開始にあたっては契約締結前交付書面を熟読し、取引の仕組み、取引条件及びリスクについて十分にご理解いただいた上で、ご自身の判断と責任においてお取引いただくようお願い致します。
【商号】デューカスコピー・ジャパン株式会社(第1種金融商品取引業)
【登録番号】関東財務局長(金商)第2408号 【加入協会】一般社団法人金融先物取引業協会 加入 会員番号1587

© 2017 デューカスコピー・ジャパン株式会社
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2408号 加入協会: 一般社団法人金融先物取引業協会 会員番号1587