証拠金について

デューカスコピー・ジャパンが提供する外国為替証拠金取引は、証拠金に基づいた取引であり、自己の投資金額(証拠金)以上のポジションを持つことが可能となっています。

通常の取引時間内でのレバレッジは25倍(法人は100倍)になっており、これは自己の証拠金の25倍(法人は100倍)までの金額の取引が可能ということを意味します。

口座内の保有ポジション維持のために必要な使用証拠金額は、取引の開始時に毎回計算されます。証拠金使用率や使用証拠金は取引プラットフォーム上においてリアルタイムで更新され表示されます。なお、ポジション保有に必要な使用証拠金額は、レバレッジや現在の市場の為替レート、保有する通貨ペアにより異なります。

必要最低証拠金

預け入れた証拠金以上の損失がお客様に生じないよう弊社では最低証拠金ポリシーを適用しています。お客様取引口座の純資産額が2,000円を下回った時点で、保有されている全ポジションが強制決済されます(待機注文も全てキャンセルされます)。その場合、純資産額が2,000円を超えるまで口座がロックされお取引いただけません。

また、最低証拠金ポリシーが適用され全保有ポジションが決済された場合であっても、相場状況の急変や取引時間外における相場変動等によっては、純資産が必要最低証拠金を下回る場合があり、預け入れた証拠金以上の損失が発生する可能性があります。

特別な証拠金率が適応される通貨ペア

以下の通貨ペアは、より高い証拠金率(より低いレバレッジ)が適用されます:

通貨ペア 詳細 証拠金率 レバレッジ率
EUR/DKK ユーロ/デンマーク・クローネ 10% 10倍
USD/DKK 米ドル/デンマーク・クローネ 10% 10倍
USD/CNH 米ドル/オフショア人民元 10% 10倍
USD/HKD 米ドル/香港ドル 10% 10倍
USD/MXN 米ドル/メキシコ・ペソ 10% 10倍
HKD/JPY 香港ドル/日本円 10% 10倍
EUR/HKD ユーロ/香港ドル 10% 10倍
CAD/HKD 加ドル/香港ドル 10% 10倍
TRY/JPY トルコリラ/日本円 10% 10倍
ZAR/JPY 南アフリカランド/日本円 10% 10倍

 

証拠金使用率

証拠金使用率は、取引口座内の証拠金がどれくらいエクスポージャー(為替の変動リスクにさらされている資産)として使用されているのかを表しています。これは以下の式により求められ、リアルタイムで更新されます:

  使用証拠金  
証拠金使用率 =                       x 100
  純資産  

*使用証拠金は口座内のエクスポージャーをレバレッジ率で割ることによって計算されます。

マージンカット

マージンカット(ロスカット) - 証拠金使用率が100%に達した場合、直ちにお客様が保有しているすべてのポジションを強制決済します。

証拠金使用率 解説
0% エクスポージャーなし
<100% 通常の状態
≥100%

マージンカット: 直ちにお客様取引口座の全保有ポジションを強制決済します。

週末レバレッジ

土日や祝日の際、法人のお客様は最大レバレッジが30倍に設定されます。これは市場や休み明けにオープンした際、為替レートの急激な変動によるリスクからお客様の投資資産を守ることを目的としています。

週末レバレッジは、毎週、日本時間土曜日午前3時からマーケットクローズ(米国夏時間採用時の場合は日本時間土曜日午前6時まで、米国冬時間採用時は日本時間土曜日午前7時まで)の時間帯において適用され、口座内にポジションを保有している場合、証拠金使用率が増加します(レバレッジが100倍から30倍に低下するため)。週末レバレッジが適用時間中も、マージンカットの発動条件は変わりません。そのためレバレッジが30倍になった際に保有ポジション維持に必要な証拠金が不足している場合、マージンカットが取引口座に対して発動されますので、お取引およびポジション管理には十分ご注意ください(上記の「マージンカット」の項目も参照ください)。

FXのリスク

FX取引は高いリスクを伴うものであり、全ての投資家の皆様に合う取引方法とは限りません。お客様は、レバレッジによる取引は利益を増大させる可能性があると同時に、損失を増大させる可能性があることを常にご留意ください。市場において為替レートが急激に変化する場合、高レバレッジで取引されている方にとってご自身の思惑と反対の状況が発生し、自らの投資資金をすぐに失う恐れがあります。取引の仕組み、取引条件およびリスクについて十分にご理解頂き、保有ポジションを維持するために必要な証拠金を確保及び調整はお客様ご自身の判断と責任において対処頂きますようお願い致します。


検索

サイトマップ
問題を報告
PC版に切り替え
金融庁
金融先物業協会
証券取引等監視委員会
証券・金融商品あっせん相談センター
FX取引の規制について
e-Tax
マイナンバー

≪FX取引に関する重要事項≫
●店頭外国為替証拠金取引(FX取引)は、お預けになった証拠金以上のお取引額で取引を行うことが可能である為、利益を得られる可能性がある反面、預託証拠金以上の損失を被る可能性があり、元本が保証された取引ではございません。●FX取引は為替相場の変動や金利差等により損失が生じる可能性がございます。●FX取引では、損失の拡大を未然に防止する為、ストップ機能(お客様による任意設定機能)やロスカット機能が準備されておりますが、損失の限定を保証するものではなく、取引対象となる通貨の価格の急変動等によっては、預託証拠金以上の損失を被る可能性があります。●必要証拠金額は(1)個人のお客様:取引金額の4%(2)法人のお客様:金融先物取引業協会が算出した通貨ペア毎の為替リスク想定比率を取引金額に乗じて得た額以上が必要であり、対象通貨ペア及び時間帯により金額が異なります。●取引手数料は、取引金額100万円当たり片道最大35円となり、取引の都度、取引口座から徴収されます。●提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、スプレッドは相場の急変、流動性の低下等により拡大する可能性があります。●注文発注時に指定したレートと実際の約定レートに相違(スリッページ)が生じる場合があります。●ポジション保有状況によりロールオーバーされる通貨ペアは、清算価格にスワップポイント相当額の付与もしくは支払調整し、翌営業日の建値に加味されます。通貨ペア対象国の金利動向により付与調整が支払調整、もしくは売買共に支払調整となる場合があります。●取引開始にあたっては契約締結前交付書面を熟読し、取引の仕組み、取引条件及びリスクについて十分にご理解いただいた上で、ご自身の判断と責任においてお取引いただくようお願い致します。
【商号】デューカスコピー・ジャパン株式会社(第1種金融商品取引業)
【登録番号】関東財務局長(金商)第2408号 【加入協会】一般社団法人金融先物取引業協会 加入 会員番号1587

© 2017 デューカスコピー・ジャパン株式会社
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2408号 加入協会: 一般社団法人金融先物取引業協会 会員番号1587