Dukascopyグループについて

 
Dukascopy Bank SA およびグループの概要

Dukascopy Bank SAはパソコンやモバイル上で外国通貨取引や、貴金属取引、バイナリー、ネットバンキングなどのサービスを革新的な自社製テクノロジー・ソリューションで提供しているスイスの最先端ネット銀行です。

Dukascopy Bank SAは2004年11月2日にスイスのジュネーブにて設立され、現在はFINMA(スイス金融市場監督機構)によって銀行およびセキュリティ・ディーラーとして登録を受けています。Dukascopy Bank SAはスイス、ラトビア、ウクライナ、ロシア、香港にオフィスを構え、そこでは250人以上のスタッフが働いています。

デューカスコピー・ジャパンはDukascopy Bank SAの100%完全子会社であり、日本の東京にオフィスを置きます(第一種金融商品取引業 - 関東財務局長(金商)第2408号、加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会 - 会員番号1587)。

Dukascopyグループはパソコンもしくはモバイル上でのSWFX – Swiss FX Marketplace(スイスFXマーケットプレイス)を通して皆様にサービスを提供いたします。SWFXはDukascopy Bank が開発したECNによるテクノロジーソリューションであり、Dukascopy Bankの登録商標でもあります。

Dukascopy Bank SA 取締役会
  • Bogdan Prensilevich - 取締役会議長
  • Frank Guemara - 取締役会副議長、監査委員会議長
  • Per Prod'hom - 取締役、監査委員
  • Gérard de Cerjat - 取締役
  • Pierre Zäch - 取締役

取締役会の全てのメンバーはスイス国民であり、またスイスの永住者です。

Dukascopy Bank SA 経営マネージメント
  • Andre Duka - 経営委員会議長、最高技術責任者、設立当初からの株主
  • Veronika Duka - 経営委員会副議長、CEO兼最高総務責任者、設立当初からの株主
  • Andrejs Bagautdinovs - 最高インテグレーション責任者
  • Irina Kupriyanova - 最高財務責任者
  • Wajih Rais - 最高リスク管理責任者

経営委員会の全てのメンバーはスイス・ジュネーブの永住者です。

Dukascopy Bank SA 監査
  • KPMG SA: 外部監査
  • PKF Certifica SA: 内部監査

監査役は株主総会へ財務諸表の監査の結果を報告し、収益の適切な利用を提案します。

銀行業務監査役はDukascopy Bankがスイスの法律や他の関連規定に違反していないかを監査し、その結果をFINMAに直接報告します。

内部監査役は取締役会によって承認された多年度監査プランに沿って業務を行っていき、取締役会にその結論および勧告を報告します。内部監査役は企業が組織として適切に機能しているかや、内部統制システムの働き、関連する法律や規制を順守しているかを検証します。

Dukascopy のこれまでの歩み

1998年 Dukascopy Trading Technologies Corp.
DukascopyプロジェクトはDr. Andre Duka率いる物理学者のグループによって1998年に開始されました。彼らのミッションは数学や経済物理学のテクノロジーを通じてコンプレックス・ファイナンシャル・システムを研究・発展させ、そしてそれを実用化することでした。

1999年 取引プラットフォームの開発開始
Dukascopyは自社製の取引プラットフォームの開発を開始しました。

2004年 Dukascopy 設立
Dukascopyは2004年に設立され、そのミッションは最先端テクノロジー・ソリューションでファイナンシャルに関するコミュニティを提供することでした。

2006年 SWFXの提供を開始
DukascopyはSWFX(スイスFXマーケットプレイス)の提供を開始しました。

2008年 Dukascopy Forex TVをリリース 
テクニカル分析およびファンダメンタル分析をトレーダーや金融関係者に伝えるオンラインテレビ放送のDukascopy Forex TVが開始されました。

2010年 Dukascopy Bank へ
Dukascopyはスイス金融市場の監督機関であるFINMA(スイス金融市場監督庁)より銀行業務に関する認可を受けました。

2010年 第1回Geneva Forex Event
最新の情報のフォローアップや人的ネットワークの構築などを目的とするGeneva Forex Eventが開始されました(www.genevaforexevent.ch)。

2010年 iPhone向けアプリ "SWFX Trader" をリリース
このアプリはモバイル取引に関するテクノロジーの集大成であり、市場で入手可能な無料アプリの中でも最高の機能を誇ります。

2011年 Dukascopy Europe IBS
更なる経営上の発展のため、Dukascopy Europe IBSはヨーロッパ市場のお客様をサービスの対象とするDukascopy Bankの完全子会社となりました(www.dukascopy.eu)。

2012年 SMS通知サービス
Dukascopy Bankは取引口座や市場での様々なイベントについての通知をSMSを通して受け取ることができるようになりました。

2012年 Dukascopy TV ジュネーブ・スタジオ
Dukascopy TVはジュネーブに新スタジオを開設しました。

2012 キエフ・オフィス
Dukascopy Bankはウクライナのキエフに新しいオフィスを開設しました。

2012年 Android OS向けアプリ "SWFX Trader" をリリース  
Android OS向けSWFX Traderアプリは、DukascopyのECNマーケットプレイスに接続することで、世界中のどこからでもデモ口座もしくはライブ口座上で取引をすることを可能にします。

2012年 ネットバンキング・ソリューション
Dukascopy Bankは当座預金口座をお持ちのお客様にユニークかつ革新的なネットバンキング・ソリューションの提供を開始しました。

2012年 香港オフィス
Dukascopy Bankは香港に新しいオフィスを開設しました。

2012年 イスラム口座
イスラム教徒のお客様のご要望を受けて、Dukascopy Bankはスワップ・フリー口座の提供を開始しました。

2013年 "Securities Dealer" のライセンス取得
Dukascopy Bankは、FINMA(スイス金融市場監督庁)が発行するセキュリティー・ディーラーのライセンスを取得し、Dukascopy Bankの取引プラットフォーム上で取り扱う商品の範囲を拡大しました。

2013年 モスクワ・オフィス
Dukascopy Bankはモスクワに新しいオフィスを開設しました。

2015年 Dukascopy Japan K.K.設立
Dukascopy Bankは東京に新しい子会社を開設しました。

2015年 Dukascopy Paymentsがヨーロッパでの電子マネー決済ライセンスを取得
Dukascopy Bank SAの完全子会社であり、ラトビアのリガに拠点を置くDukascopy Payments SIAが、ヨーロッパでのスマートフォン向け電子マネー決済サービス提供の認可を受けました。

2015年 Dukascopy TVがOFCOMのライセンスを取得
スイス・連邦環境運輸エネルギー通信省通信局(OFCOM : Federal Office of Communication)において、スイスにおける金融番組としてスイス当局より正式にライセンスを受けました。

2016年 Dukascopy Paymentsが正式に事業を開始
Dukascopy BankがDukascopy Payments SIAを正式に起ち上げ、モバイル決済に特化したDukascopy Connectの提供を開始しました。

2016年 ビデオベースの口座開設を導入
Dukascopy Bankがビデオベースによる本人確認システムおよび口座開設を開始しました。

2018年 BTC/USD取引を開始
Dukascopy Bankがビットコイン取引(BTC/USD)をライブで提供開始しました。

2018年 ドバイ・オフィスを開設
Dukascopy Bankは、ドバイに新しいオフィスを開設しました。

2018年 資産管理(Wealth Management)サービスの提供開始 
Dukascopy Bankが、自動化された資産管理サービスの提供を開始しました。

2018年 MT4の提供開始
Dukascopy Bankは、SWFX(スイスFXマーケットプレイス)に接続可能なMT4ライブ口座の提供を開始しました。

2018年 暗号資産建て口座の提供開始
Dukascopy Bankは、暗号資産(ビットコイン)による入出金が可能な、暗号資産建て口座の提供を開始しました。

2019年 Dukascoinの提供開始
Dukascopy Bankは、独自のICO(イニシャル・コイン・オファリング)を起ち上げ、2019年2月よりDukascoinによる取引を開始しました。


連絡先情報

デューカスコピー・ジャパン株式会社
東京都中央区銀座2-14-4
銀座スクエア6階
Tel: 0120-077-771
Fax: 03-4332-7431
[email protected]
facebook twitter youtube

検索

サイトマップ
問題を報告
PC版に切り替え
金融庁
金融先物業協会
証券取引等監視委員会
証券・金融商品あっせん相談センター
FX取引の規制について
e-Tax
マイナンバー


≪FX取引に関する重要事項≫
●店頭外国為替証拠金取引(FX取引)は、お預けになった証拠金以上のお取引額で取引を行うことが可能である為、利益を得られる可能性がある反面、預託証拠金以上の損失を被る可能性があり、元本が保証された取引ではございません。●FX取引は為替相場の変動や金利差等により損失が生じる可能性がございます。●FX取引では、損失の拡大を未然に防止する為、ストップ機能(お客様による任意設定機能)やロスカット機能が準備されておりますが、損失の限定を保証するものではなく、取引対象となる通貨の価格の急変動等によっては、預託証拠金以上の損失を被る可能性があります。●必要証拠金額は(1)個人のお客様:取引金額の4%(2)法人のお客様:金融先物取引業協会が算出した通貨ペア毎の為替リスク想定比率を取引金額に乗じて得た額以上が必要であり、対象通貨ペア及び時間帯により金額が異なります。●取引手数料は、JForex口座の場合、取引金額100万円当たり片道最大25円となり、取引の都度、取引口座から徴収されます。MT4口座の場合、取引金額100万円当たり片道35円となり、新規建玉時に、往復分の取引手数料が取引口座から徴収されます。●提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、スプレッドは相場の急変、流動性の低下等により拡大する可能性があります。●注文発注時に指定したレートと実際の約定レートに相違(スリッページ)が生じる場合があります。●スワップポイントの受取りと支払いには差があり、通貨ペア対象国の金利動向により付与調整が支払調整、もしくは売買共に支払調整となる場合があります。●取引開始にあたっては契約締結前交付書面を熟読し、取引の仕組み、取引条件及びリスクについて十分にご理解いただいた上で、ご自身の判断と責任においてお取引いただくようお願い致します。
【商号】デューカスコピー・ジャパン株式会社(第1種金融商品取引業)
【登録番号】関東財務局長(金商)第2408号 【加入協会】一般社団法人金融先物取引業協会 加入 会員番号1587

© 2020 デューカスコピー・ジャパン株式会社
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2408号 加入協会: 一般社団法人金融先物取引業協会 会員番号1587