お客様本位の業務運営に関する基本方針

お客様本位の業務運営に関する基本方針の策定及び公表
デューカスコピー・ジャパン株式会社(以下、「当社」といいます)は、2015年10月に営業を開始して以降、スイスを拠点とするDukascopy Bank SAが開発するJForexを軸に、取引の『透明性』と『流動性』を追求してまいりました。今後もお客様に安心して快適にお取引いただくため、最高水準の取引環境をご提供できるよう努めてまいります。
当社は、この理念を実現し、お客様の立場に立ったサービスの提供を徹底するため、「お客様本位の業務運営に関する基本方針」をここに宣言いたします。
お客様の最善の利益の追求
金融のプロフェッショナルとして、専門的な知識や技術、高い職業倫理を保持し、快適な取引環境を提供することで、外資系の金融商品取引業者でありながらも、お客様に安心してお取引をしていただけるよう努めてまいります。
また、常にお客様の視点で、お客様のニーズに対応したサービスの提供や安定した取引システムの提供を実現することで、お客様の最善の利益を図り、お客様からの信頼を築けるよう取り組んでまいります。
当社のカバー先であるDukascopy Bank SAは、独自に電子商取引ネットワーク(ECN)を組成しており、SWFX(スイスFXマーケットプレイス)と命名しています。当社はDukascopy Bank SA が管理運営するSWFXを通じて、世界の主要な金融機関(リクイディティ・プロバイダー)からの豊富な『流動性』を確保しています。また、取引手数料を外付けで徴収し、全てのお客様に板情報を閲覧可能とすることで『透明性』を確保しております。
利益相反の適切な管理
当社はディーラーを介さないNDD(No Dealing Desk)方式を採用し、お客様への価格配信や注文執行において人為的な操作を排除しております。お客様から受注した取引については、当社の利益を目的とした自己ポジションの保有は行っておらず、自動的かつ即座にカバー取引を行っております。当社では、お客様が末永く取引を継続いただくことによって当社の利益に繋がるビジネスモデルを採用しております。
また、当社では、取引の『透明性』を確保するため、取引プラットフォームにおいて板情報を公開するとともに、ティックベースのヒストリカルデータ(過去の全価格データ)を全てのお客様が常時取得いただける環境を整備しております。
手数料等の明確化
当社では、価格(スプレッド)に取引手数料相当額を追加しお客様に提示する方式ではなく、事前に定めた外付けの取引手数料に基づき、取引の都度、お客様から当該取引手数料を徴収する方式を採用しております。外付け方式を採用することで、お客様に支払っていただく取引手数料をより明確にし、『透明性』のある価格を提供しております。
取引手数料につきましては、あらかじめ契約締結前交付書面および当社ウェブサイト上において明示するとともに、建玉を継続して保有する場合の金利相当分(スワップポイント)につきましても当社ウェブサイト上に常時掲載しております。また、お客様が実際に支払った取引手数料額は、「ポートフォリオ計算書」や「損益報告書」等で随時確認することが可能でございます。
重要な情報の分かりやすい提供
当社は、お客様に対して提供する金融商品・サービスについて、取引の仕組み、取引条件及びリスク等を、契約締結前交付書面だけではなく、当社ウェブサイトにおいてもお客様が理解しやすいよう説明するとともに、カスタマーサポートにおいて丁寧な説明を心掛けてまいります。
また、お客様の取引経験や金融知識を考慮し、明確かつ平易であって、誤解を招かない情報提供を行い、より重要な情報については、大きな文字や目立つ色を使用することにより強調する等、明確な情報提供に努めてまいります。また、注文方法をはじめとする取引プラットフォームの操作方法については、操作マニュアルや動画配信等を活用し、お客様の取引経験や目的に応じた情報提供に努めてまいります。
顧客にふさわしいサービスの提供
当社は、外国為替証拠金取引がリスクの高い金融商品であるとの認識のもと、お客様の資産状況、取引経験、投資に対する知識および取引目的等を把握した上で、適合性の原則に基づき審査を実施しております。
当社は、お客様の資産状況、取引経験、知識および取引目的を把握することに努め、そのニーズにあった金融商品・サービスを提供してまいります。お取引されるお客様に最適なサービスを提供すべく、お客様の取引をサポートする取引ツールや投資情報ツールを提供するとともに、動画マニュアルやセミナー等により当該使用方法やサービスに関する情報の提供を行ってまいります。
従業員に対する適切な動機づけの枠組み等
当社は、お客様が末永く取引を継続いただくことが当社のビジネス拡大に繋がると考えており、役職員が常にお客様の最善の利益を意識するとともに、誠実に行動し、より高いレベルでの業務執行を通じて良質なサービスを提供するよう努めてまいります。また、役職員に対する定期的な社内教育や研修等を通じて、お客様の最善の利益を追求することを意識して行動するよう適切な動機づけを行ってまいります。
 
2017年12月27日
デューカスコピー・ジャパン株式会社
代表取締役社長 瀧澤 篤史

連絡先情報

デューカスコピー・ジャパン株式会社
東京都港区虎ノ門4-1-17
神谷町プライムプレイス9階
Tel: 03-3437-0005
Fax: 03-3437-0085
[email protected] facebook youtube

検索

サイトマップ
問題を報告
PC版に切り替え
金融庁
金融先物業協会
証券取引等監視委員会
証券・金融商品あっせん相談センター
FX取引の規制について
e-Tax
マイナンバー

≪FX取引に関する重要事項≫
●店頭外国為替証拠金取引(FX取引)は、お預けになった証拠金以上のお取引額で取引を行うことが可能である為、利益を得られる可能性がある反面、預託証拠金以上の損失を被る可能性があり、元本が保証された取引ではございません。●FX取引は為替相場の変動や金利差等により損失が生じる可能性がございます。●FX取引では、損失の拡大を未然に防止する為、ストップ機能(お客様による任意設定機能)やロスカット機能が準備されておりますが、損失の限定を保証するものではなく、取引対象となる通貨の価格の急変動等によっては、預託証拠金以上の損失を被る可能性があります。●必要証拠金額は(1)個人のお客様:取引金額の4%(2)法人のお客様:金融先物取引業協会が算出した通貨ペア毎の為替リスク想定比率を取引金額に乗じて得た額以上が必要であり、対象通貨ペア及び時間帯により金額が異なります。●取引手数料は、取引金額100万円当たり片道最大35円となり、取引の都度、取引口座から徴収されます。●提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、スプレッドは相場の急変、流動性の低下等により拡大する可能性があります。●注文発注時に指定したレートと実際の約定レートに相違(スリッページ)が生じる場合があります。●ポジション保有状況によりロールオーバーされる通貨ペアは、清算価格にスワップポイント相当額の付与もしくは支払調整し、翌営業日の建値に加味されます。通貨ペア対象国の金利動向により付与調整が支払調整、もしくは売買共に支払調整となる場合があります。●取引開始にあたっては契約締結前交付書面を熟読し、取引の仕組み、取引条件及びリスクについて十分にご理解いただいた上で、ご自身の判断と責任においてお取引いただくようお願い致します。
【商号】デューカスコピー・ジャパン株式会社(第1種金融商品取引業)
【登録番号】関東財務局長(金商)第2408号 【加入協会】一般社団法人金融先物取引業協会 加入 会員番号1587

© 2018 デューカスコピー・ジャパン株式会社
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2408号 加入協会: 一般社団法人金融先物取引業協会 会員番号1587