マイナンバー制度のご案内

マイナンバーとは:

マイナンバーは、住民票を有するすべての方が持つ1人にひとつの12桁の番号です。外国籍の方でも住民票のある方はマイナンバーが付番、通知されます。当社では税務署に提出する支払調書等の作成のため、すべてのお客様からマイナンバーのご提出が必要となります。

当社に個人口座をお持ちのすべてのお客様が、マイナンバーをご提出いただく必要がございます。

対象になるお客様 2015年12月末時点で既に個人口座をお持ちのお客様 2016年1月1日以降に個人口座をお申込みいただくお客様
通知期限 2018年12月末までにマイナンバーをご提出ください。 新規口座開設のお申込み時に本人確認書類と併せてご提出ください。
マイナンバー確認書類

以下のうちいずれか1点の画像、コピーもしくは原本をご提出ください。

  • マイナンバー通知カード
  • 個人番号カード(表裏両面)
  • 住民票の写し(原本を郵送してください)
※ご利用いただける本人確認書類とマイナンバー確認書類のパターンにつきましてはこちらからご確認ください。
ご提出方法 詳細が決まり次第、別途ご連絡をさせていただきます。 アップロード画面、もしくは専用の返信用封筒でご提出ください。

アップロード画面専用の返信用封筒

※アップロード画面で入力が必要なUIN(ユニークID )は、新規口座申し込み時に当社より自動配信される電子メール内でご案内いたします。

よくあるご質問 (FAQ)
  1. なぜ、マイナンバーの登録が必要なのですか。
    マイナンバー法の施行に伴いまして 当社におきましても2016年1月からの取引を対象とした支払調書の提出を税務署に行う際、 お客様のマイナンバーの記載が求められるようになったためです。
    ※当社は法令に基づき支払調書を作成し、税務署へ提出することが義務付けられております。
  2. マイナンバーはいつどのように通知されますか。
    マイナンバーは、平成27年10月5日時点で住民票に記載されている住民に指定され、市区町村から住民票の住所に簡易書留で郵送されました。外国籍でも住民票のある方には、マイナンバーが指定されます。
  3. 提出したマイナンバーはどのように取り扱われますか。
    当社にて取得したお客様のマイナンバーは、特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドラインに沿って、安全管理措置等を整備し、適切に管理いたします。
  4. マイナンバー確認書類は何を提出すればいいですか。
    マイナンバー通知カード、または個人番号カード(表裏両面)、住民票の写し(原本を郵送してください)のうち1点の画像、コピーもしくは原本のご提出をお願いいたします。
  5. マイナンバー確認書類はどこから提出すればよいですか。
    アップロード画面、もしくは専用の返信用封筒でご提出ください。新規口座をお申し込みの際に、当社より自動配信されるメール(件名:デューカスコピー・ジャパン − 口座開設お申込みフォーム送信完了のお知らせ(自動配信メール))内に、アップロード画面及び専用封筒ダウンロードのご案内がございます。
  6. 既に口座を持っていますが、マイナンバーの登録は必要ですか。
    はい。2018年12月末までにマイナンバーをご提出いただく必要がございます。
  7. マイナンバーの登録をしない場合、取引に制限がかかりますか。
    はい。マイナンバーのご提出がない場合、お取引を制限をさせていただく場合がございます。
  8. 「通知カード」と「個人番号カード」は違うのですか。
    「通知カード」は紙のカードで、マイナンバーの他、住所、氏名、生年月日、性別等が記載されています。通知カードを使用してマイナンバーの確認と本人確認を同時に行うためには、別に運転免許証やパスポート等の本人確認書類が必要となります。「個人番号カード」は、マイナンバー、住所、氏名、生年月日、性別の他、顔写真が記載されており、マイナンバーの確認と本人確認が1枚で行えます。
  9. 法人口座を保有していますが、法人番号の通知が必要ですか。
    法人番号を通知いただく必要はございません。
  10. 法人口座を保有していますが、代表者、取引担当者のマイナンバーの通知は必要ですか。
    代表者、取引担当者のマイナンバーを通知いただく必要はございません。

 


連絡先情報

デューカスコピー・ジャパン株式会社
東京都港区虎ノ門4-1-17
神谷町プライムプレイス9階
Tel: 03-3437-0005
Fax: 03-3437-0085
info@dukascopy.jp facebook youtube

検索

サイトマップ
問題を報告
PC版に切り替え
金融庁
金融先物業協会
証券取引等監視委員会
証券・金融商品あっせん相談センター
FX取引の規制について
e-Tax
マイナンバー

≪FX取引に関する重要事項≫
●店頭外国為替証拠金取引(FX取引)は、お預けになった証拠金以上のお取引額で取引を行うことが可能である為、利益を得られる可能性がある反面、預託証拠金以上の損失を被る可能性があり、元本が保証された取引ではございません。●FX取引は為替相場の変動や金利差等により損失が生じる可能性がございます。●FX取引では、損失の拡大を未然に防止する為、ストップ機能(お客様による任意設定機能)やロスカット機能が準備されておりますが、損失の限定を保証するものではなく、取引対象となる通貨の価格の急変動等によっては、預託証拠金以上の損失を被る可能性があります。●必要証拠金額は①個人のお客様:取引金額の4% ②法人のお客様:取引金額の1%で、対象通貨ペア及び時間帯により金額が異なります。●取引手数料は、取引金額100万円当たり片道最大35円となり、取引の都度、取引口座から徴収されます。●提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、スプレッドは相場の急変、流動性の低下等により拡大する可能性があります。●注文発注時に指定したレートと実際の約定レートに相違(スリッページ)が生じる場合があります。●ポジション保有状況によりロールオーバーされる通貨ペアは、清算価格にスワップポイント相当額の付与もしくは支払調整し、翌営業日の建値に加味されます。通貨ペア対象国の金利動向により付与調整が支払調整、もしくは売買共に支払調整となる場合があります。●取引開始にあたっては契約締結前交付書面を熟読し、取引の仕組み、取引条件及びリスクについて十分にご理解いただいた上で、ご自身の判断と責任においてお取引いただくようお願い致します。
【商号】デューカスコピー・ジャパン株式会社(第1種金融商品取引業)
【登録番号】関東財務局長(金商)第2408号 【加入協会】一般社団法人金融先物取引業協会 加入 会員番号1587
 

© 2016 デューカスコピー・ジャパン株式会社
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2408号 加入協会: 一般社団法人金融先物取引業協会 会員番号1587